FC2ブログ

言葉通りにあらず

rundtaarn.jpg先週火曜日のデンマーク語会話授業中のできごとを、今ふと思い出したのでメモ。今予習をしていてふと思い出しました。

「言葉通りにとらないでね!不思議な話だけど」という表現の話。

at komme forbi
デンマーク語英語辞書をひくとpass byとの訳がでてきて、例として「車がたくさん通り過ぎる」という文章があげられています。しかし、一番良く耳にするシチュエーションは、人が尋ねてきた時の玄関先での会話。
A Er der nogen?
B Ja, det er bare mig.
A Hej, B! Kom indenfor!
B Jeg kom lige forbi, så jeg ville lige kigge ind.

A (ドアベルの音が聞こえたような気がして)誰かいるの?
B 私よ。
A あら、Bじゃないの!中に入ってちょうだい!
B ちょっと通りかかったものだから、のぞいてみたのよ。

komme forbi(通り過ぎる)してないやん!訪ねてるやん!とよく考えるとつっこみたくなってしまいます。

さて、それに関連して先生ベンテが教えてくれたのが、デンマークの漫画でのヒトコマ。

A 本当に久しぶりだね~
B そうだね。いつ以来だろう。
A いつでも尋ねてきていいよって言ってるのに。
B いや、してるよ!いつもそうしてるってば。
A してないよ。今日会ったのが久しぶりだろ?
B だーかーら、いつも君が言う様にしてるよ。
A してないってば。
B いつも君が言う様に、ぼくの部屋から君の部屋を見上げてるよ!

近所のアパートの上層階に住むAさん。Aさんよりも下層階住む友達のBさん。AさんはBさんに友達だから、いつでも尋ねておいでと言っていましたが、Bさんが尋ねてくることはなく、久々に会ったら上記の会話。Aさん曰く、Bさんは尋ねてこない。Bさんはしていると主張する。この原因となった単語が "at kigge op"という単語。単語通りに意味をとると見上げる。しかし、この単語ひと塊で尋ねるという意味があるそうでして。Bさんは正に言葉通りにいつもAさん宅を見上げていた、という話でした。

Du må meget gerne kigge op når som helst とでもAさんは言ったんでしょうね。この表現辞書を探しても出てこず、スラング的なもの・・・なのかな~?今度ベンテにもう一回確認してみようと思います。

もう1つ、オペアママ・ペニーラが、私の語学学校デンマーク語試験の朝いつも言ってくれていた言葉も好きです。

Knæk og bræk!
Held og lykke(幸運を、頑張って)と同じ意味なんですが、knækもbrækも「~を折る、壊す」という意味があります。最初耳にした時はかなり驚きました。ママペニーラは「Held og lykkeよりプレッシャーがないでしょ。単語の響き的に(笑)」と言ってましたが、確かに。「当たって砕けろ」に近い響きがして、私は大好きです。最初にこの言葉をかけられた時のテスト結果はかなり良かったです。私の苦手な口頭試験の日で、リラックスできたのもあるんだと思います。

あー、こんなこと書いてたらオペア家に戻りたくなってきたー・・・。

写真:コペンハーゲンのラウンドタワーにあった展示会のパンフレット。一人暮らし始めたら額に入れてどこかに飾ろうと思って、持って帰ってきました。
スポンサーサイト

デザートの名前

初対面でデンマーク語が喋れることが分かると、ほぼ全員が次にこう訊いてきます。

「っろっぐろっめふるぅーって言える?」

この訳の分からない平仮名のところをデンマーク語にすると

「rødgrød med flødeって言える?」

これ、ベリー類を煮たものの生クリーム添えとでもいうようなデザートの名前。デンマーク語は発音が難しい言語で、デンマーク人もそれは認識しているのですが、どうもこの難しい発音オンパレードのデザートの名前を外国人に言わせて、デンマーク語の難しさを再確認しているようなところがあります(あくまで私のイメージですが)。そして、「俺たちこんな難しい言語喋ってんねんぞ」とちょっとこんな時だけ自慢げ(あくまで私のイメージ)。これがきちんと発音できると「何や、デンマーク語喋れるんやん!」と「デンマーク語できる子」というお墨付きをデンマーク人からいただけます。正直、そんなもん役立たんけど(苦笑)。

上ではこの発音を書いてみましたが、正直なんかちゃうがなと言う感じ・・・。聞いた感じ、おそらくカエルがなんかグウェ、ゲコッとでも言っている・・・?と思われるかもしれません。

私は、パパラースのアメリカ旅行中にこれマスターすること!と課題を課されたことがあるので、一応うそっぱちで、それらしくごまかして言えます。それにしても、このデザート名前はこうして「言わされる」頻度が高いわりに、今まで食べたことがない(笑)。

ちょぉ、言わせるだけ言わせんと、ごちそうしてぇな!!

PD3終わった!けど・・・

今日、デンマーク語の試験PD3の口述試験が終わりました。試験内容は

1)事前に与えられていた課題について2分で述べる。それに対して2つほど試験官から質問される。

2)あるテーマについて「あなたはどう思いますか?」と尋ねられる。私は「住居」について、パートナーは「未来」について。

3)4つの絵が描かれている紙を見て、パートナーと議論、そして2人の意見をまとめる。「外国語の勉強方法」について。

4)3での会話から「さっきあなたはこうだと言っていたけど、それは何故?といった様な突っ込んだ質問をされる。

通っていた語学学校が試験前に閉鎖され、別の語学学校に申し込み直し、誰と口述試験のペアになるかすら分からない状態で受けてきました。元々口述試験慣れしていないこともあり、すごく緊張しやすい私・・・。

結果としては、一応合格したのですが、最低ライン02での合格で、結果を告げられた瞬間、「は?」と頭の中真っ白になりました。しかも言われたのは、「あなたが最初何を言っているのか、理解しにくかった」。そして、今日初めて会ったパートナーのポーランド人はかなりいい10という成績。私が呆然としながら、教室を出て歩いていたら、「02っておかしいわ!不公平よ!あなたちゃんと喋っていたじゃない!!気にしちゃだめよ。とにかく合格したんだから」と励ましてくれました。今回から成績の付け方が変わったことも影響しているのでしょうが、やはり納得いかない。納得いくのは読解の成績だけって、どうなのよ!作文も「あれ?」な成績だし・・・。

試験が終わったその足で、ビザを延長申請中にデンマーク国外へ出るため、移民局へデンマークに戻ってくるためのビザを貰いに行ってきました。試験を受けた語学学校と移民局距離があるので、バスでも使おうと思っていたのですが、成績をどう考えないようにしようとしても、涙がでてくるので、徒歩でひたすら向かうことにしました。その後、元々通っていた語学学校の方まで更に歩き、発音コースの先生が美味しいと言っていたところでカフェラテを買い、カフェラテで暖をとりながら、コペンハーゲン中心部へ再び。本当は、そのままクリスマスプレゼントの買い物を済ませる予定だったのですが、デパートをうろうろするも購買意欲がさっぱり湧いてこず、何も買わずに帰宅。

SMSで、結果報告と話がしたいと伝えていた彼(口述試験の課題も手伝ってくれた)から電話があり、電話口で彼からの言葉を聞きながら泣いてしまいました。「今まで大学で3年間勉強して、1年半こうしてデンマークに住んできた私のデンマーク語を否定されたみたいに感じる(だって発音から否定されたし)」と言いながら、私がかなりの緊張しやすいこと、口述試験慣れしていないことを知っている彼が励ましてくれて、再び涙が止まんない(鼻もズルズル・・・)。「夜は友達との約束があるけど、携帯マメにチェックするから、また悲しくなったりしたら連絡しておいでよ」とまで言ってくれ、さらにズルズル。「メグミなら大丈夫。ちゃんとデンマーク語喋ってるし、僕には大学でデンマーク語学んできたんだってことがきちんと分かるよ。来週の火曜日は僕らメグミの友達カップルとご飯食べるんでしょ?その後クリスマス休暇だし、楽しいこと考えてごらんよ」と・・・。

夜帰ってきたママペニーラとパパラース(こちらも試験合格したと昼にSMS報告済み)が、顔を見るなり、「おめでとう!」と言ってくれ、何かもうとりあえず合格したし、成績のことなんかいいか、と開き直り。1年半前のレベルと比べたら上達しただろうし、これはあくまで私にとって一つの通過点。次にするべきことは沢山あるし、克服すべきことも他言語での口述試験で見えてきた。

クヨクヨしてないで、次だ次。

PD3 読解と筆記

無事にPD3の読解と筆記試験受けてきました。電車がこんな時に限って運休とかになったらどうしよう!などと余計な心配もしましたが(笑)、テスト自体はどうにかなっただろう、な手応えです。

読解1(30分)
ロスキレコミューネのゴミと再利用に関するパンフレット(20数ページ)を読み、15の質問に対する答えを見つけるというもの。

読解2(60分)
A: 子供アイドルについての記事2本(各1ページ半)。質問は計7問。
B: 子供のしつけに関する記事(1ページ)を読み、文中の8個の空欄に適する単語を4つの中から1つ選ぶ。

筆記(2時間半)
1: 友人に手紙の返事を書く。
2: 仕事場での健康維持のために提供されているサービスについて、2002年と2005年比較の表を元に考察、自分の考えを述べる、もしくは福祉国家について自分の考えを述べる。

読解は辞書持ち込み不可になったかわり、妙なひっかけ問題がなくなっていました。そこまでは良かったのですが、新しく導入された読解2Bの穴埋めはかなり厄介でした。単語の意味を正確に、どういった場面で使うのか把握していないと、紛らわしい選択肢でひっかかるであろうな・・・というつくり。嫌らしい!何だか、センター試験を思い出しました。

いや、でもとりあえず一段落!

いよいよPD3

明日はいよいよ、待ちに待った(?)デンマーク語試験PD3の筆記試験の日。これが終われば、あとは12月中旬の口述試験だけなので、気持ちも楽になります。

今回のPD3から読解試験の内容に変更があり、

●辞書持ち込み不可
●時間は2時間から1時間半へ
●3題の長文読解の構成から、2題長文読解、1題、穴あき長文に意味の合う単語を入れる穴埋めという構成へ。

採点方式もヨーロッパのアルファベット7段階基準に置き換えやすいように、以前の13段階(1~13、6以上合格)から数字の7段階方式(-3, 00, 02, 4, 7, 10, 12、02以上合格)になります。

試験内容変更の第一回目のため、過去問がない状態ですが、朝から2006年5、6月の読解試験を辞書なしで全て時間内に終わらし、そのまま一応その年の作文も一度書いておきました。読解試験は、辞書なし所要時間約1時間45分で、旧13段階評価で9。自信を持って試験に臨んでいいかなーという感じです。

明日の持ち物で忘れてはいけないものは、身分証明のパスポートと辞書(作文では全ての辞書可)。辞書を全部積み上げて愕然。これ、本当に明日コペンハーゲンまで持って行くの・・・??と。デンマーク語デンマーク語辞書、デンマーク語英語辞書、英語デンマーク語辞書、和英辞書、英和辞書。英和と和英は電子辞書ではなく、本当の紙の辞書。しかもどの辞書もコンパクトサイズではなく、通常サイズの上、デンマーク語系の辞書は日本のように紙が薄いなんてことが全くなく、極めつけはハードカバー。何キロになるのか・・・。

明日は辞書だけでかなりの量を持ち運んできます。