FC2ブログ

楽しいけど。

先日ある会社の会社説明会に参加してきました。「人と組織」に重点を置いている会社で、また説明会を進めてくれた方は、理論だった、且つ簡潔な話し方で、流石話のプロ。声のトーンも話のスピードもとても聞きやすいもので、自分の早口を反省・・・。

そこで聞いた集団心理の話がとても面白かったです。社会学や心理学などを学んだ人は既に知っている話かもしれませんが、私は初めて聞きました、アビリーンのパラドックス。集団に属する人々が誰も望んでいないのに、着々と物事がその望んでいない目標に向かって進んで行くという、例を聞くまでは「?」な話でした。

夏のある日、ある家族が団欒を楽しんでいました。ふと時計に目をやると、午後4時。「夜ご飯をどうしましょうか」と奥さんが尋ねると、旦那さんが「53マイル離れたアビリーンという街にあるレストランに行こう」と提案します。「私はいいけど、あなたはどう?」「ああ、いいと思うけど。あなたがいいのであれば」「あら、私はいいわよ」と話はまとまり、暑い中クーラーが故障したままの車に乗り、アビリーンのレストランまで出掛けます。しかし、レストランの食事はおいしいものではなく、暑い中遠路はるばる食事に出た意味がありません。

帰宅後、一人が「本当はアビリーンなんて行きたくなかった」と言い出します。ここで家族全員が「行きたくない」と思っていたのに、全員が「他の人は行きたいんだろう」と勝手に想像したためにこのような事態が起こったということが分かるのです。

これが家族という場から、企業の意思決定に関しての場合に当てはめたビデオも少し見せてもらったのですが、外から見ていると滑稽で滑稽で。勝手に相手の思っていることを勝手に読んで、お互いに理解しないまま、馬鹿馬鹿しい目標は進んで行く。これ、どことなく思い当たるフシが誰にでもあるような・・・。

Abilene paradox(wikipediaの英語ページ)

先が見えない就活ですが、こうした話を聞けたり、実際働いている方から自分の話など聞いてもらって、それに対して意見を貰える機会というのは、なかなかないので、ある面ではとても楽しい経験でもあります。現場社員さんに「営業とは」についてアドバイスもらったり、営業する場合の私の弱点も指摘してもらえたり。

でも、早く終わらしたい、これも本音。そして、来週もまた東京でーす。絶対選考落ちたと思ってた会社から連絡来てビックリです(だって漢字&四字熟語さっぱり・・・面接も「さっぱりしてるね~君」とか言われたし)。来週の東京は泊まろうか、とんぼ返りしようか考えるところ。
スポンサーサイト



東京遠征再び

ブログに書きたいことはいっぱいあれど(四国上陸話とか)、時間が追いつきません…。そして修理にいってる私のマックちゃん、そろそろ帰宅予定なのに、連絡来ないのはなぜ?就活のおかげで、甲子園での阪神戦行けなかったのは悔しい。大学週2回で嬉しいけれど、就活で動き回るので、部屋着かスーツの生活です。そして、相変わらずバイトせずのプーです。最近の出来事はこんな感じです。

そんなこんなで(?)、就活で再び東京遠征です。もちろん、往復夜行高速バス利用で…。

今回は、金曜日が就活。その晩は大学の友達の家に泊めてもらい、土曜日の夜東京発で帰ってきます。

ほいなら、荷物準備しまーす。

イーエサー?

三男ハニーがNintendoDSのことを「ディーエサー」と言うので、エントリーシート(ES)をハニー風にすると、タイトルみたいになるかなと(笑)

締め切り間際のエントリーシートを昨日の夜中完成させ、今朝もう一度チェックし直してからweb提出しました。正直、死ぬかと思いました・・・(こんなんで死にませんが)。大学の先輩の好意に甘えて、添削してもらったんですが、すばらしい量のダメだし。あーでもない、こーでもないと添削とアドバイスを参考にしながら、夜中の3時まで粘り、力つきました。送った後のエントリーシートを先輩に見せても、きっとまたダメだしくらうだろうなーと思います(苦笑)でも、今できることはした・・・はず。とりあえずは、適性検査のお知らせ待ちなんですが、適性検査の勉強なんてまーったくしていない私。帰国前にどうしようもないので(ネットで本を注文してみるとか)、当たって砕けろー!の勢いです。帰国後の日程でお知らせくればいいけど、どうだろう。

私信ですが、先輩忙しいのに添削ありがとうございました!

カルチャーショック

春から4年(6回生ですが)になるので、就活サイトなぞをのぞいているここ最近。他の就活中の学生から「この時期にやっと興味ある業界見つけたとこ!?」と驚かれそうな進度です。3年生の時は「留学して、年末帰国して就活したらええわ~」と思っていたのですが、丸々2年デンマーク滞在の予定でモノゴトは進んでおります。

日本の就活ルールがさっぱり、スーツすらよく考えたら持っていない私。企業の動きの速さに、『日本就活カルチャーショック』です。え?もうエントリー締め切り?え?既にグループディスカッション?え?

何でやねん!今まだテスト期間ちゃうんけ!早い人は、大学生活4年の半分経過したらもう会社のこと考える?大学はどこいっとんねん、大学は。

と・・・。大学に対する姿勢の違いをデンマークで見たせいもあるかもしれませんが、何だかおかしくない?と首を傾げつつ、サイトをノソノソ覗いてる私。しかし、サイトって結局「いい部分」しか見せないわけで、説明会とか行ってその会社の人の雰囲気を見なきゃ分かんない。これが、留学中の困ったところ。

激務だといわれる会社でも、会った人が「生きている目」をしていたら、今興味がない会社でも興味が湧く。楽しく(楽の意味ではなく)働けるってどんなことしてんやろーって。でも、忙しいながらも、目が光っていて、プライベートも充実していて、そんな雰囲気を醸し出した人に、通学電車の中で出くわしたことがないな、そう言えば。

就活にしても、他のことにしても、生き急いでいる、急ぎすぎている、急がされている感じがするのは、私だけ?ただ私がのんびりに慣れただけ?