FC2ブログ

キレイを超えた綺麗

12c66ae5.jpg

陽が山の向こうに沈んで
空のどこまでも続く上から
「夜の帳」が下りてくる

彼はただ一つ
一等明るく光る星と共に
表すには適当な言葉を見つけられない
焼きつくような
焼き付けていたいような
そんな瞬間を作り出した

写真:スイスで滞在していたアパートからの風景。
スポンサーサイト



奪い合い

94d7ef2c.jpgスキーには、私達が到着するよりも数日早く、ママペニーラの妹ルイーサ家族が来ていました。娘のアンドレア(6歳)と息子のルーヴィ(1歳半?)もモチロン一緒です。

アンドレアはお姉ちゃんでしっかりしていますが、かなりの甘え上手さん。会って、甘えてくるたび、長男マウ、次男ユラに甘えているのを見るたび、アンドレアを見習って、このしっかりお母さん改善せななぁと思っています。

ルーヴィは人見知りが激しいのですが、仲のいい家族だけだったからなのか、今回超ゴキゲン。人見知りが激しい時(半年前ぐらい)から、何故か私に懐いてくれた、カワイイヤツ。かなりの相思相愛だと思うんですけど、いかんせん年齢が親子ほど離れているので、彼氏にはできないなぁとか思ってみたり(アホ)。日本語刷り込んで日本に連れて帰るとかしようと思うくらいカワイイ(笑)。最近単語数が増え、「ナイ:Nej(Noの意味)」「トゥ:tog(電車)」「マゥ:mad(ご飯)」「ミン:min(私の)」「トォァ:喉が渇いたと言う単語がしっかり言えず、こんな感じ」などなど20単語ぐらい喋るようになりました。ちなみに、Noは言えど、Yesを意味するJaは絶対言いません。周りが皆で「ルーヴィ、NejじゃなくてJaって言うんだよ」と説得を試みると返事は必ず、「ナーイ」(笑)。

さてさて、上の写真はそんな2人と次男ユラ。
アンドレア「これは私のユラ~(ユラに抱きつき)」
ルーヴィ「ナーーーーーイ!!ミィィィィィン!!(違う僕の!!)」
ア「ナイ。私のよ!!」
ル「ナァァァァァイ!!ミィィィィィィィィィィン!!」

ユラは嬉しいけど、横からアンドレアがドシン!、上からはルーヴィがドカンで、少々つらそう、苦笑い。

何とほほえましい光景だろうと、外野はひたすらカメラのピントを合わせ、シャッターチャンスを窺っていました。

ニ ン ジ ン

デンマーク、生のニンジンをポリポリ食べることが多々あります。おやつに近いような感覚で、小腹がすいたと主張する子供に、ご飯までのつなぎに渡したり…。寮生活していた時の友達は、超が付くほどニンジン好きで、食事の度、更に大量の生ニンジンを盛っていました。

さて、先日スキー休暇から帰国途中のニンジンにまつわる話。スイス、ジュネーブ空港で私達はセキュリティチェックに到着。今セキュリティチェックがかなり厳しくなっているのはご存知の通り。パパラースは「空港までの移動中の食べ物(冷蔵庫の残り)」の入ったビニール袋を手にして、ま、セキュリティチェックへ。

係り員「これは何?」
ラース「移動中の食べ物だよ」
係「ヨーグルトはダメだね~」
ラ「OK」
係「コレもダメね」
(係りのおじちゃん、ジップロック発見)
係「…(笑)ニンジン…だよね、コレ?んー、ニンジンはOK!(笑)」
ラ「それはニンジンと、アルミのはサンドイッチ」
係「このジップロックのは持って入っていいよ~」
ラ「ありがとう。手間かけさせてごめんね」

冷蔵庫に大量のニンジンがあり、ママペニーラの提案で、デンマーク人らしく、皮をむいて持ってきてたわけです。係りのおっちゃんも、まさか手荷物検査してニンジンが出てくるとは思ってなかったでしょう(笑)以前、語学学校でコンゴ人が、デンマーク人のするように生ニンジンを持ってきていたんですが、その時のクラスメイトの反応は、「あはは!典型的なデンマーク人それよくするよね!!」「だよね~」ヨーロッパ出身の人がそんな反応を見せるので、これはデンマークだけ…?