FC2ブログ

スイスこぼれ話

スイスからデンマークまでの帰国途中にあった話。

スイスのアパートからジュネーブ空港まで、帰国日が私だけ早かったため1人で行ったのですが、その電車移動中のこと。

電車の入り口付近にはトランクや大きな荷物、スキーやスノーボードを置けるスペースがあり、私もトランクをそこに置いていました。偶然にも同じ車両には、学生のスキースノボー休暇の団体。話している言葉を聞いていると、時々理解できるあたり、ドイツ語圏のスイスから来た団体か、ドイツからの団体だろうという感じでした。

彼らは途中の乗り換え主要駅で、手早くボードや荷物を運び下ろし、ホームを後にします。偶然にもホーム側の窓際に座っていた私の目に、置き去りにされている1つのトランクが。しかも、そのトランクの形大きさと良い、私のトランクに良く似ている・・・。

「まさか、私の入り口に置いてたトランクとちゃうわなー」と思いつつも、嫌な予感がするので、入り口に行くと、トランクないし!ホームに下りて置き去りトランクを見ると、どこをどう見てもうちのやし!「あいつら、ありえん・・・自分たちの団体の分やと思って、全部おろしたんやろうけど、1つ残ってる時点でおかしいと思えや!」とキレながら、電車に運ぼうとトランクを手にすると、団体の責任者と思われる、170センチ金髪ロンゲ髭の兄ちゃんが、「あ、それ君のだったの~(笑)」という雰囲気でこっちを見て、そそくさと別ホームへ。

われっ!そこになおれ!今、鼻で笑いよったな!と風邪じゃなくて元気なら文句も言ってやったのに・・・。「Det er min! For helvede!」とはデンマーク語で言ってやりましたが、理解してなかった模様。

ホーム側の席に座ってて良かった・・・。空港で気づいた頃には、どうにもならなかったやろうなぁ。ということで、学生団体(自分たちのことしか考えてないこと多々)と荷物にはお気をつけをー!
スポンサーサイト



ちりめん

先日大学の先輩がデンマークに来た際に、「ちりめんじゃこ」を持ってきて下さい!とお願いしていました。乗り継ぎの税関で荷物チェックにひっかかったらしいのですが、無事にちりめんじゃこ(というか、しらす干し)は守ってきてくれたらしく、先輩感謝!

白ご飯にじゃこがあるだけで、ご飯何杯でも食べれる~!とウキウキ。アフターケアに来た彼に「じゃこ味見してみる?」と訊くと、案の定首を横に振られました。「顔がついてるものって、デンマークじゃ滅多に見ないから、免疫なくて食べれない」らしいです。おいしいのに、食に対して保守的だともったいないねぇ、と思いつつ、「あ、そう?」と私。食べたくない人に食べさすじゃこはございません、貴重やもん!

スキー休暇から帰宅した家族と夜ご飯で、白ご飯を炊いた日に、じゃこを食卓に出してみました。食に対して全く抵抗のないママペニーラはモチロン、「美味しい!」と白ご飯にのせて食べておりました。さて、食に対して、超わがまま気分屋の三男ハニー。魚に顔がついてるから、食べないかなという予想に反して、「美味しい、美味しい」と食べてる・・・。その日のメイン、焼き肉は食べなかったのに!(この辺謎)長男マウと次男ユラは匂いをかいで、「魚の匂いがする」と棄権。ユラは「古い魚の匂いがする」と。古い魚・・・??

ちいそうても魚やから、そりゃ魚の匂いなんですけど(笑)日本のスーパーの魚売り場周辺歩かれへんなぁ。

翌日も白ご飯だったのですが、三男ハニーは自ら「あの小さい魚食べても良い?」とふたたびじゃこをのせてご飯を食べていました。ハニーの方が普段超保守的なので「頭付いてるー!目が合って嫌だー!」と食べないかと思ったのですが、最初こそ「頭付いてる、目が付いてる(驚愕)」という反応を見せていましたが、一口食べてそんなことはどうでもいいと思えるぐらい美味しかったようです。

そんなじゃこは、すでに無くなりかけです。