FC2ブログ

最後の日

himmel.jpg


デンマーク最後の日、3月11日の話。
朝方まで部屋を片付け、9時半にママペニーラが空港まで送ってくれることになっていました。三男ハニーを空港へ向かう途中、幼稚園でおろしていくとのこと。ママペニーラが幼稚園の駐車場で「私が中まで送る?それともメグミ?」とハニーに聞くと、「うーん。お母さん!あ、やっぱりメグミ」との返事。一緒に建物の中に入った瞬間、同じ部屋の子が建物内を駆け回っています。そこにハニーも合流。え、わ、私は!?今日帰るんだけど!?と取り残される(苦笑)。冷蔵庫にハニーの弁当箱を入れ、ハニーに「私行くよ」と言うも、うんともすんとも返事なし。ハグすらなしです・・・。そのことを車に戻ってペニーラに言うと、「きちんと理解してないかもね。帰ってから分かるわよ」。もしくは、彼なりに泣かないためだったのかな?

道中、ナビの妙な道案内に「おかしい!絶対右よね!ここ!」と2人であわあわしつつ(ペニーラ方向音痴)、パパラースの弟から偶然にもペニーラに電話があり、「また夏にね」と挨拶を泣きそうになるのをこらえながら、言い切りました。空港そばでパパラースからペニーラの携帯に仕事関係のことで電話があり、その後私の携帯に直接連絡がありました。彼は前の週からイタリアに行っており、イタリアに行く前にしっかりハグをして別れはしたのですが、やっぱり電話越しで喋りながら泣きそうに。泣くのを押さえながら、無事に空港へ到着。第2ターミナルのカフェでは、お友達として1年半頻繁に飲みにおじゃまし、将来のことや恋愛のことなど相談したkanaheiさんがお見送りに来てくれていました。空港内の銀行へ私のラストの給料を引き出しに行ったペニーラを、私はチェックインカウンターの列に並んで待っていました。お金をもらって、ハグをして、その時まで泣くのをこらえてこらえていたのですが、我慢できずに泣いて。

ペニーラと別れ、チェックインした後、カフェでkanaheiさんと最後のビールで乾杯。カフェで彼女が私を待っている時、銀行から私のところへ歩くペニーラを目にし、そして帰る途中のペニーラは泣くのをこらえて鼻を赤くして、上向き加減で歩いていたよと聞き、再び泣きそうに・・・。kanaheiさんと2人で話す時、普段はのんびりと話すのですが、今回はすごいスピードで話まくりました。じゃなきゃ、しんみりしてしまうから。

出発の前の週に開いた夕食会。そこに足を運んでくれた、家族の家族や友人たち。そして、私がデンマークで知り合った日本人の友達たち。夕食会には呼べなかったけれど、人と人が繋がって、色んな人に出会えたことは本当に嬉しい、貴重な経験でした。日本にいたら絶対知り合いになれなかった様な人たち。最後に飲みたかった、会いたかった人は沢山いたのですが、残念ながらできなかった人も多く・・・。しかし!大学生の間に少なくとも1回はデンマークに行くので、行くときは皆さん飲みましょう!遊びましょう!

2年デンマークにいて良かったと思えるのは、デンマークのいい面悪い面両方を、家庭の中で生活していくことで知れたこと。「デンマークって素敵!」と簡単に褒めちぎることはできません。「それはどうなん?」という面を知ってしまっているから。そう思うこともありつつ、出会った人たちに恵まれたから、やはりどうにかしてでも戻りたいと思う場所でもあります。次にデンマークに住む予定があるかと問われれば、「これから4年は少なくともありえません」とはっきり答えます。次デンマークに住むチャンスがあるとすれば、「社会能力」を身につけた上で、「私」が通用する状態になってから、そのチャンスを使うでしょう。(デンマークに住む前に英語圏に1年、中南米長期旅行もしたい)

3月11日は「最後の日」ではあったけれど、最後の日ではないと思っています。「次の日」へ向けての日。成長するための日。
スポンサーサイト

連絡先

今日、ようやく携帯電話をゲットしました。色はピンクゴールド、らしいです。1週間の入荷待ちだったんです。色々長かった(待ち時間とか説明とか)。

あらかたmixiとメールで番号メルアド連絡したとは思うんですが、もし届いてない方いらしたら、ブログのメッセージ欄に携帯メールのアドレスを入れて、ご連絡下さい。折り返し、番号とメルアドを送ります。

良い変化?悪い変化?

日本語でドラマやテレビを観たり、音楽を聴くことが日常となって、困ったことが1つ。

もともと涙もろいんですが、帰国後更に涙もろく、涙腺弱くなりました。デンマーク語のドラマのちょっとした台詞でもボロボロ泣いてたんですが、帰国後は言語が全て理解できるだけに、たった1文、下手すれば1単語で泣く寸前。必死に泣くのをこらえていたりします。欠伸のフリして(笑)。もっと困るのが歌を聴いただけでぞわぞわ~と鳥肌が立って、涙が出てくること。初めて好きな曲を耳にした時に、鳥肌が立つことは以前からあったことですが、涙は出てくることはありませんでした。

この歌を聴いただけで泣きそうになる現象、デンマーク滞在ラスト半年ぐらいから少しずつありました。ドラマで泣くならまだしも、オーディション歌番組X-Factorで参加者の歌を聴いて、泣きそうになったり・・・。涙腺がおかしくなっているのか、デンマークで「泣いて感情を表現する」ことに抵抗がなくなったからなのか、原因は私にも分かりません。

いいのか悪いのか、何とも言えない変化と言えば、マイペースに磨きがかかったことでしょうか。他人の目をいちいち気にしなくなった、というか・・・。中学ぐらいまであった、「周囲の評価」を気にする癖がなくなりました。家の手伝いを昔は「怒られるから」とか「負担をかけない、いい子でいなきゃいけないから」という理由でしていました。今は、母の仕事が不規則勤務ということもあり、「家のことはできる人がすればいいこと」というスタンスになってきています。オペアの癖というか、そうしなきゃ家なんて回らないものと思うからか。しかし、自分が全部するのも嫌なので、私が夕食を作った日は絶対弟に風呂掃除をさせる姉。このしっかり分担(?)もオペア家族での癖。

余談的変化ですが、おとんが縮んでました(笑)。私と同じか少し低かったような・・・。変化して欲しかったところはいっぱいあったのに、身長以外まーったく変化なし。一方弟は180センチにまで伸びてました。どこの遺伝子やねん・・・、180って。サッカー馬鹿なところは相変わらずでしたけど。

どう変化が出るか楽しみなのが、マッサージ。おかんと2人で「顔のたるみが、しみが・・・」と話しをしていたところ、どこからともなく顔マッサージの本とDVDが登場(おかん、いつの間にこうてんねん)。私も今日から暇を見つけて開始です。ある日の外食後、スーパーでカートを押す私の姿を見た弟が、「ねえちゃん、おばちゃんやで」とのたまわってくれたので、流石にそれはまずいと思い、一念奮起。ちゃっかりおかんのDVD借りてます。10年前の顔になるとうたったマッサージ、どこまで効果を発揮するか。

おめでとう

今日は大学の卒業式。去年は私と同じ入学年度のメンバーで、ストレートに4年で大学を卒業組が、今年は1年休学留学組が今日卒業式となりました。サークルでもお世話になった2年休学の先輩も今年卒業です。

去年の10月大学の統合があったため、何でもまずは統合元の大学で卒業式、その後証書授与式は(元々私たちの入学した)大学でとなるらしいです。正直、面倒くさい・・・。(しかも来年度から健康診断、うちらのキャンパスでは実施してくれない)

1年間留学のメンバーとは、私の留学時期がほぼ入れ替わりだったため、2年会っていない人の方が多い。キャンパス(元大学)までが片道約2時間半(上手にいって2時間10分)と遠いため、会いに行きたいけどと躊躇していたところ、友達から謝恩会後にある2次会おいでよ、とお誘いが。梅田でとのことなので、帰宅に問題なし。9時開始予定の二次会に顔を出すことにしました。最終的には目的地に到着できるけれども、遠回りをして辿り着く、中途半端方向音痴の上、携帯なしなので、「ビッグマン前で拾って~」とお願いする情けない私。最後の最後で、久しぶりがこんなんでごめんよ、みんな。

20人少しというデンマーク語のクラスで、1、2年の間は週に5回は必修デンマーク語授業で顔を合わせていた面々。ずっとべったり、という訳でもなければ、お互い無視という訳でもなく、「女性の多いところ、怖いこと多し(苦笑)」という公式が成り立たない雰囲気のクラスでもありました。でも、それがちょうど良かったな~。

これから、それぞれがそれぞれの場所で、もしかしたらデンマーク語とは関係ないところで生活を開始するでしょうが、「デンマーク語専攻」として知り合った彼らが、次ぎ会った時に生き生きしていたらいいなと思います。デンマーク語専攻して良かったと思うのは、大学での人間関係、実際デンマークでの人間関係が本当に恵まれたこと。だからこそ、こうしてデンマーク語を入学以来5年、付き合い続けることができたのだと思います。

とにもかくにも、卒業おめでとう!
Jeg vil ønske jer held og lykke med jeres nye liv!
(新しい人生が幸運に恵まれますように)

離れていた時間

元バイト仲間2人と会って遊んだ先週土曜日。Aは一時帰国の際に関空まで迎えにきてくれたので、約1年半ぶりの再会。仕事が終わったAと駅で待ち合わせして、もう一人のバイト仲間で仕事中のSをファミレスでご飯食べながら待つことに。仕事を終えたSとは2年ぶりの再会。でも、不思議なことに、ついこの間一緒に遊んでいたような、2年のブランクなんて全く感じない彼女ら2人。つかず離れず、いい距離感を保った関係。あの場所でバイトしてて良かったな、と思えるのは、こうして彼女たちとの関係が、会っていない時間や、いる場所関係なく、当然のように続いていると実感した瞬間です。時給は大学生なのに超安かったけど。

土曜日は結局オール。日曜朝一度別れてから、Sに昼過ぎピックアップしてもらいドライブ。「とりあえず、府を出よう」をテーマに、山を越えて奈良県明日香村へ。石舞台古墳を見てから、周囲の公園で和む家族連れや恋人を眺めながら、ぼーっとする20代女3人。今は暇なはずの私でも、大阪の中で、音の洪水の中でストレスが溜まっていたのですから、社会人である2人の状況は推して知るべし。時には、脱大阪もしなければ身体が持ちません。

小学生の遠足以来、なかなか来る機会のなかった石舞台。桜が咲くには少々早い時期でしたが、梅を眺めながら、桜の時期にも再び来たいなと思いながら、おにぎりを頬張ったのでした。

nara.jpg
石舞台古墳。次回はサイクリングで遺跡巡り!

nara2.jpg
長閑な風景。たまには逃避も必要です。

1.7

1年7ヶ月ぶりの日本。ビックリしたり、堪能したりとなかなか新鮮な気分で過ごしています。

こ、腰が!
キッチンはじめ、洗面台などがとにかく低い。164センチの私は常に前屈みで、そのうち腰を悪くしそうです。一番低くてビックリしたのは、トイレの便座。この辺に便座あるやろーとしゃがんだものの、あるはずのところにはなく、5センチ程予想より低かった・・・。

女の子が女の子。
女の子がきちんと女の子であることに新鮮さを覚えました。皆化粧しておしゃれして、どことなくフワフワした雰囲気で。帰国途中、着陸直前の飛行機内で周囲のツアー旅行日本女子学生軍団がいっせいに化粧をし始めた光景には、ビックリすると同時に苦笑してしまいました。私もきちんと化粧とおしゃれだけは最低限しますが、フワフワした雰囲気だけはどう努力してもだせませんし、出す気もないです(笑)

とにかくうるさい。
梅田に友達に会うために行った時、あまりのうるささに辟易。キャンペーンガールが何かを喋り、頭の後ろからは演歌が聞こえてくる。空港内でもアナウンス、あっちでも機械がアナウンス、こっちでも機械がアナウンスやビープ音を発するし・・・。極めつけは実家。お風呂が沸くとアナウンス、レンジが終わり、中のものを取るのが遅くなると、「はよとれー!わすれてるんちゃうん?」と電子音。ご飯炊きあがったで~とも電子音。長時間ガスコンロをつけていると、再びコンロから「火ぃつけすぎでっせ~」と電子音。やっかましゃー!!

こなきじじいあらわる

来週の朝には、この家を出るんだなと思うととても妙な気分です。帰国が近づいているという、パパラースやママペニーラ、保育士さんと私がする会話を三男ハニーも聞いているのでしょう。

夕食後の片付けをしていたら、赤ちゃん言葉で私の足にしがみつき、「歩けー!」。最初はこっちも面白がって、足にしがみつくハニーをモップのごとく引きずり回していましたが、流石にずっとこれをしていると疲れてくる。「ちょっと、知ってる?日本じゃ、言うこと聞かないコは外に放り出されるよ!次やったら放り出すよ!」と言うも、本気でドアを開けるも効果無し。ちっ。次男ユラに注意されようと、おかまい無しでこなきじじい化してるハニー。

一体何だ?今日。テンション高いだけ?と思いながら、落ち着いたところで部屋の片付けをしていると、こなきじじい再び登場。ベッドの上で散々2人で遊んでいると、ハニーが一言。「min megumi(僕のメグミ)」と初めて口にしました。今まで両親やお兄ちゃんに言ったことはあっても、私には全く言ってこなかったのに。これにはビックリしたのと同時に、ハニーなりに私の帰国を理解してるんだなと思いました。おそらく、夕食時に私の帰国話が出たので、今晩はこなきじじい化したような気が・・・。

家族以外には恥ずかしがり屋で、強がりなハニーが一瞬私に対して見せた甘えだったのかな。

夕食時パパラースから、とんでもない提案(指令)が。
「メグミがいなくなったら、誰が洗濯するか、メグミ、今指差して指名してってね。」
そんな、指名したら確実に私が恨まれるやん!ということで、「全員交代でして」と返事しておきました。この家、ホンマに掃除洗濯その他家事回転するんかいなー・・・と少々不安。

イーエサー?

三男ハニーがNintendoDSのことを「ディーエサー」と言うので、エントリーシート(ES)をハニー風にすると、タイトルみたいになるかなと(笑)

締め切り間際のエントリーシートを昨日の夜中完成させ、今朝もう一度チェックし直してからweb提出しました。正直、死ぬかと思いました・・・(こんなんで死にませんが)。大学の先輩の好意に甘えて、添削してもらったんですが、すばらしい量のダメだし。あーでもない、こーでもないと添削とアドバイスを参考にしながら、夜中の3時まで粘り、力つきました。送った後のエントリーシートを先輩に見せても、きっとまたダメだしくらうだろうなーと思います(苦笑)でも、今できることはした・・・はず。とりあえずは、適性検査のお知らせ待ちなんですが、適性検査の勉強なんてまーったくしていない私。帰国前にどうしようもないので(ネットで本を注文してみるとか)、当たって砕けろー!の勢いです。帰国後の日程でお知らせくればいいけど、どうだろう。

私信ですが、先輩忙しいのに添削ありがとうございました!

2週間で復活?

突然の別れよう宣言を彼からされて、2週間。最初は「何で。どうして。~じゃだめなの?」とそんな疑問ばかり。その後、立場を置き換えて少しは理解、彼の状況を理解しようとする理性と感情のバランスを保つのに次第に疲れ面倒になってきて、今現在はある種の開き直りで復活手前。「彼女は今いらない」と言ってる人相手に何を言っても聞き入れられるはずはないし。大体いつまでもバランス保とうとしたり、保てなくて余計なこと考えて、感情の起伏が激しくなったり、それで疲れて何もできないなんて、時間の無駄!彼氏彼女期間が無駄だったとは全く思わないけれど、その後2週間無駄にした感じもありつつ、でもこの2週間は次のステップに行くために必要だった様な気もする。しかし、これ以上無駄にはできません。

このことに関しては、貰った手紙に対しての返事を書いて、正直にこの過程を伝えて話を持ち出すのを終わりにします。彼は彼で決断までに色々考えて、負い目からくる私のアフターケアまで考えていましたが、こっちはこっちで突きつけられた決断を理解し受け入れようとするのと操作不能の感情の間で疲れていたこと、友達という関係に戻るにはどうしたらいいのか考えたこと、いつ「忙しいから」と別れを言われるか内心ヒヤヒヤしていた部分があったこと。プロジェクトが忙しい時期に言われた、「Jeg er så presset, så vær så sød, som du plejer(すごくプレッシャーがかかっているから、いつものように優しくして)」が、私にとって言いたい不安なことを飲み込んでしまうような、プレッシャーを与えていたこと。うしろ2つは嫌味で言いたいのではなく、もし彼が落ち着いて、このタイミングだと思って彼女を作った時に同じことをして欲しくないから。

日本での日常生活が戻れば、今回のこともすぐに「あっはー!」と完全に笑い話にできるでしょうし、日本で生活していた頃言われつづけていた「いつになったら、彼氏できるねん」の台詞を再びあちらこちらで聞き流しながら、自分のしたいことすべきことをクリアしていっている可能性高し。日本に留学する彼が疲れた時の逃げ場、日本の別のところにいるホストシスター、それぐらいの存在でいれればいいかな。

しっかし、女は相手に捨てられる前に捨てた方が精神的によろしい、と実感させられたデンマーク滞在2年でありました。ふられるのは女である自分を否定されているように感じざるを得ないし、自分で決めたことであれば、自信の防衛もできるし気持ちの切り替えも早くできる。

次の恋愛がいつになるかは分かりませんけど(笑)、今のところ自分のことに集中したいので「しばらくいーや」が本音です。