FC2ブログ

四国初上陸ー鳴門、祖谷

3月末の話。
弟のサッカー遠征をダシに徳島へ1泊2日することが決定。本当は徳島まで、小学校時代のサッカークラブで知り合い、同じ高校でサッカーをしている弟の1つ上の先輩の両親と観に行く予定だったらしい。そこを、「どうせ徳島まで行くなら泊まれば?」と父の提案でなったんだとか、違うんだとか。

初日は試合会場に向かうまでに鳴門大橋の橋桁部分にある「渦の道」へ立ち寄りました。うず潮が見れるようにと作られたそうですが、潮のタイミングが合わず、うず潮は見れず。でも、橋のかなり中央まで道は続いているので、景色を楽しむだけでも十分です。下が覗けるようにと、床がガラス張りになっている部分が何カ所もあるんですが、皆心無しかガラスを避けて歩きます(笑)。もちろん私も避けてました。

to1.jpg
橋桁部分を歩くー!

to2.jpg
あの島は何だ?

強風の中サッカーの試合を観てから、徳島の山奥へ向かいます。山の中の川沿いをずっと走るのですが、この川の色が緑がかっていて、何とも不思議な色です。崖に建つ家、細い道の両脇にある古い家屋を目で追いながら、「ああ、日本だ」とやっと実感しました。

私が希望した祖谷という場所は、1185年屋島の戦いで破れた平家の人々が逃げてきた場所だとも言われていて、平家の落人伝説があります。平家の末裔だと言われている阿佐氏が居住し、平家屋敷も現存しています。この日は夜ホテルに到着、温泉と夜ご飯を堪能してダウンです。

翌朝。チェックアウトする父をフロントに置き去りにして、私と母は土産物屋へ。「とりあえず食べ物(お菓子)」希望の弟にお菓子を買い、私はすだち焼酎をゲット(まだ飲んでないけど)。その後向かうは、かずら橋!記録によれば7、もしくは13のかずら橋が祖谷にあったと記されています。しかし、大正時代にすべての橋が安全のために架け替えられました。しかし、昭和に入り、かずら橋復活が計画され、現在あるのはその時に作られたものです。

shikoku01
川の色が綺麗。かずら橋は一方通行。

marts02.jpg
気を抜くと下の隙間から足落ちます。24.5の足でも落ちます。

さて、山越えの予定だったので勇気ある少年も拝んで行こう!ということで、山道を父が運転します。母は運転拒否、私無免許。ギリギリ対向車とすれ違える、そんな幅の道をぐるぐるぐにゃぐにゃ登っていきます。中学校までは、こんな山道を走られたら最後、私は常に車酔いでグッタリ。高校、大学の山道バス通学で鍛えられたお陰で、今では車内で地図も読めます。

marts03.jpg
勇気ある少年こと、小便小僧。
昔は度胸試しに旅人がしたんだとか。


小便小僧の真似をする父(笑)をカメラに収めた後、山道をひたすら下り、香川を目指します。モチロン、誰も替わることなく父の運転で。
スポンサーサイト



寝起きの返事は・・・?

今朝仕事に出掛けるオカンが、階段下から夜ご飯の引き継ぎ(笑)を私に向かってしていました。私は布団の中でまだまだ夢の中。お願いやから、紙に書いてって言ってるのに。寝ている時に何か言われて、返事をするものの、起きたら結局何だったかはっきり覚えておらず(苦笑)。

今朝は何を言われたのか覚えているんです。ご飯とみそ汁は準備してるからって言われたんです。

しかし、階段下から名前呼ばれた時の返答が・・・。返答が・・・。

ヤァ~?(大声)

イエスを意味するデンマーク語、jaと答えてました。デンマークのオペア家族の夢をデンマーク語で堪能していた時に起こされたので、口から出たのもデン語。それを聞いたオカン爆笑です。「英語で返事した!」って。「いや、英語ちゃうし。デン語やし」と寝ぼけながらツッコンだ記憶は辛うじてあります。そこはツッコンどかな、デン語が可哀想(笑)。

ちなみにうちのオカンにはデン語ラジオが英語に聞こえるらしいです。あんなにゲコゲコモゾモゾしてるのに、英語って。

楽しいけど。

先日ある会社の会社説明会に参加してきました。「人と組織」に重点を置いている会社で、また説明会を進めてくれた方は、理論だった、且つ簡潔な話し方で、流石話のプロ。声のトーンも話のスピードもとても聞きやすいもので、自分の早口を反省・・・。

そこで聞いた集団心理の話がとても面白かったです。社会学や心理学などを学んだ人は既に知っている話かもしれませんが、私は初めて聞きました、アビリーンのパラドックス。集団に属する人々が誰も望んでいないのに、着々と物事がその望んでいない目標に向かって進んで行くという、例を聞くまでは「?」な話でした。

夏のある日、ある家族が団欒を楽しんでいました。ふと時計に目をやると、午後4時。「夜ご飯をどうしましょうか」と奥さんが尋ねると、旦那さんが「53マイル離れたアビリーンという街にあるレストランに行こう」と提案します。「私はいいけど、あなたはどう?」「ああ、いいと思うけど。あなたがいいのであれば」「あら、私はいいわよ」と話はまとまり、暑い中クーラーが故障したままの車に乗り、アビリーンのレストランまで出掛けます。しかし、レストランの食事はおいしいものではなく、暑い中遠路はるばる食事に出た意味がありません。

帰宅後、一人が「本当はアビリーンなんて行きたくなかった」と言い出します。ここで家族全員が「行きたくない」と思っていたのに、全員が「他の人は行きたいんだろう」と勝手に想像したためにこのような事態が起こったということが分かるのです。

これが家族という場から、企業の意思決定に関しての場合に当てはめたビデオも少し見せてもらったのですが、外から見ていると滑稽で滑稽で。勝手に相手の思っていることを勝手に読んで、お互いに理解しないまま、馬鹿馬鹿しい目標は進んで行く。これ、どことなく思い当たるフシが誰にでもあるような・・・。

Abilene paradox(wikipediaの英語ページ)

先が見えない就活ですが、こうした話を聞けたり、実際働いている方から自分の話など聞いてもらって、それに対して意見を貰える機会というのは、なかなかないので、ある面ではとても楽しい経験でもあります。現場社員さんに「営業とは」についてアドバイスもらったり、営業する場合の私の弱点も指摘してもらえたり。

でも、早く終わらしたい、これも本音。そして、来週もまた東京でーす。絶対選考落ちたと思ってた会社から連絡来てビックリです(だって漢字&四字熟語さっぱり・・・面接も「さっぱりしてるね~君」とか言われたし)。来週の東京は泊まろうか、とんぼ返りしようか考えるところ。

髪の毛

すごく髪の毛切りたい衝動を押さえ込んでいる私。流石に1年以上切っていないので、伸び放題です(前髪除く)。変に短くしても就活の時に面倒だからという理由で、くくれる長さの現状維持。

この間の東京遠征第二弾。帰阪前に日本留学中の元彼と会って、くだらない話をしていました。彼が「そろそろ髪の毛切らなきゃな~」と言うので、「私も切りたいんよねー」と言うと、毎回恒例の反対にあいました。付き合ってた時から、同じ会話になる度に同じことを言われてます。向こうの言い分は、「髪が短いなんて!長い方が似合ってる!」です。ちなみに前髪は短くて流す方がいいらしい。

まあ、反対されたところで素直に聞く様な私ではありませんし、だいたい毎回反対にあう理由がよく分かりません(笑)。え、だって友達なんでしょ?私たち?彼氏だったとしても、切りたい時は迷わず切りますけど(日本にいれば)。

しばらくは、この鬱陶しい太・硬・多いの黒髪(しかも若干縮毛あり)で過ごすことになりそうです。今のうちに現実逃避がてら、どんな髪型にしたいか考えとこう。

東京遠征再び

ブログに書きたいことはいっぱいあれど(四国上陸話とか)、時間が追いつきません…。そして修理にいってる私のマックちゃん、そろそろ帰宅予定なのに、連絡来ないのはなぜ?就活のおかげで、甲子園での阪神戦行けなかったのは悔しい。大学週2回で嬉しいけれど、就活で動き回るので、部屋着かスーツの生活です。そして、相変わらずバイトせずのプーです。最近の出来事はこんな感じです。

そんなこんなで(?)、就活で再び東京遠征です。もちろん、往復夜行高速バス利用で…。

今回は、金曜日が就活。その晩は大学の友達の家に泊めてもらい、土曜日の夜東京発で帰ってきます。

ほいなら、荷物準備しまーす。

ものっそい

ものっそい(『ものすごい』を強調するとこんな音で発音します、私)楽しい授業を受けてきました。

デンマーク語専攻学生向け、ネイティブによるスウェーデン語授業。最初はスウェーデン語をスウェ語で学ぶことに戸惑いもしましたが、わからない時はデンマーク語使って、当たって砕けろー!と思い直し受けることに。デンマークで会ったスウェーデン人や在スウェーデンの中国人に対して、英語が出てこないためデンマーク語で喋り通したこともあるので、通じないことはないだろうという根拠の下。

結果思い直してよかった、と思うくらい、ものっそい面白い授業でした。先生の、小さくて少しぽっちゃりしたヨハンナの表情がクルクル変わること変わること。また、デンマーク語とは発音が違うので、みんなで首をかしげつつ、「その発音、めっちゃデンマーク語ですよ」と他から突っ込みも入りつつ、アルファベットをヨハンナの唇の形を真似しつつ、笑いが止まらなくなりつつ。

「デンマーク語は唇が横に開くけれども、スウェーデン語はとにかく縦長だから」と説明するヨハンナの顔は、ムンクの叫びさながら(笑)。そして、唇を丸めて、前に突き出して発音する時はアヒルさながら(笑)。私たちも必死で発音しながら、同じ顔しているんですが。

パパラースをはじめ、いろんな人が「スウェーデン語って歌ってるみたい」と言っていたのですが、今回初めてきちんとスウェーデン人について学んで、私にとっては「アヒル顔する言語」という印象になりました。来週までに自己紹介をマスターすること、数字の読みを覚えることが課題なので、がんばりまーす。来週はどんなことするか、楽しみ楽しみ。

脳内物質

朝1限、ネイティブ・ベンテの会話の授業に参加していた時のこと。私の家が遠いことを知っている彼女は、「メグミ、今朝は何時に起きたの?」と聞いてきます。「ついさっき、東京から夜行バスで帰ってきたとこ・・・」とスーツ姿の私が返答すると、ベンテ一言。

「メグミは特別な脳内物質持ってるのね!」

結構忙しいことに対する耐性があるというのか、ワーカーホリックになれる素質があるというか、確かにおかしな脳内物質出ていてもおかしくない。

日曜日中は花見で飲み、その後ダッシュで帰宅。東京行き夜行バスに大阪から乗り込みました。月曜朝新宿に着いてから、復路バスの出発東京駅に行き、持ち歩かない荷物をロッカーへ。それから上野公園を散歩し、1人花見。その後、某カフェに4時間程居座り、ひたすら会話の授業のテキスト読み込み。14時から会社説明会へ行き、夜は再び東京駅にて、再び会話のテキスト読み込み。その晩復路大阪行きの夜行バスに乗り込み、火曜8時大阪着。そこから大学へ・・・。

しかし、これ初回だからできた訳で、次回からはできなさそうです・・・。