FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越しの挨拶と(一応)自己紹介

ブログを色々な理由により引っ越しました。以前のブログ内容は、ボチボチこちらに過去の日付のまま移すなり、カテゴリを作ってまとめるなりしようと思います。一度ブログから下げてしまった、デンマークでのフォルケホイスコーレ滞在も、再び載せようかなと思っていたり。内容は相変わらず、オペア家族への愛(?)とツッコミで満ちあふれていることでしょうが、お付き合いくださいませ。

***

初めましての方がいらした場合のために、一応の自己紹介をば。

私は日本の大学でデンマーク語専攻をしており、大学3年生が終了した2006年3月より、デンマークのフォルケホイスコーレ(folkehøjskole, 国民高等学校)に3ヶ月滞在。その後、2006年6月よりオペア(au pair)という「滞在国の人の家庭に住み込み、家事や子供の世話を手伝いながら、その国の文化と言語を学べる」制度を利用して、デンマーク人家庭で生活を始め、現在に至ります。日本の大学は2年休学、来年春からは再び大学生活です。

「日本でデンマーク語を学んでいた」と言うと、「何でデンマーク語をわざわざ専攻しようと思ったのか?」と国籍問わず尋ねられます。デンマークとの出会いはかれこれ10年程前になります。私が中学生の時に、市の国際交流事業でデンマーク体操(ラジオ体操の元になったそう)をデンマーク人の選手が中学校で披露してくれる機会がありました。その時、デンマークという国を知り、デンマーク語の挨拶等の表現を、担任の先生が配ってくれたプリントを通じて、初めて目にしました。元々、日本も含め世界の国々の歴史、社会、文化等が好きだった私は、デンマークという国にも興味を持ちました。様々な選択肢にぶつかった中学高校時代で、医療系の進路が頭の中をかすめる事もありましたが、やはり「日本も含めた国、社会、文化、それを理解するツールとして言語を学び、それからその社会、文化を学ぶこと」に対しての興味が強く、外国語大学を目指す事を決めました。外国語大学でどの言語を学びたいかとなった時に、色々考えた結果(本当なら学べる言語全て学びたいぐらいでした)、中学時代に出会い、興味のあったデンマーク語をまずは学ぼうと決めたのでした。

さて、学び始めたまでは良かったものの、どうも「尻に火がつかない」と勉強しないタイプ(目標があれば別)の私。中だるみの時期もありましたが、使う機会が日本でなかろうと、やはり実際に住んでデンマーク語を使えるようにしたい、自分の身をもってデンマークを体験したいと思い、日本の外に出るなら大学生の今だ!と、母からのアドバイスもあり、大学を2年休学して渡デンすることになりました。

マイペースなデンマーク生活の日記ですが、何かどこかで役に立つような情報があれば幸いです。また自分の記録として、知人への連絡報告としての意味合いが強いブログだということを、まずご理解いただければと思います。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。