FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散歩道中

skov.jpg


日曜日15時20分。
雨も降っていないし、
特に用事もないし、
散歩に行くかと準備。

パーカーにブルゾン着て、
手袋にマフラーでしょ。
携帯に、iPod、一応お金も少しだけと家の鍵、
あ、カメラも忘れずに。

知り合いと連絡を取り合って、2人で1週間ぶりに会って散歩。
彼が通っていたという、私の家の近所にある高校へ。

「とっても楽しい高校だったよ。ドイツ語の時間は泣いたけどね」
「高校戻って来たから、もう一回ドイツ語勉強しなきゃだよ」
「うわー。ドイツ語の授業泣いたけど、今喋れるからいいよ」

「学校の中の色、妙なんだよ~。覗けるかな」
「これ、何だ?幼稚園みたいな配色・・・白じゃだめなの?」
「有名な人が決めたらしいよ。白だったら病院っぽいからさ」
「んー。かなー。」

「そうだ、デンマークでお墓行った事ある?」
「いや、無いよ」
「じゃあ、見とかなきゃ!綺麗だからさ」
「お墓~?日本じゃあんまり行きたがらないよ」
「デンマークだと、女の子とロマンチックを味わうために行くんだよ」
(ホンマかいな)
「夜中とか薄気味悪いやん。それ日本でしたら、ちょっとおかしな人だよ」
「ちょっとじゃないよ。かなりだよ(笑)
 そんな所で気を使わなくていいよ、『ちょっと』って」

お墓といっても、整備された並木のある公園の様な
雰囲気のところをぐるっと回り、再び喋りながら近所を散歩。

「あ、デンマークで一回だけお墓行った事あるわ」
「なんだ」
「デンマークに来て最初の3月の夜中に」
「何で?夜中のお墓で何してんの!?」
「フォルケホイスコーレで、叩き起こされて、
フィールドワークみたいなのしたの(笑)マイナスの中だよ」
「クイズの答えはちゃんと見つけれたの?」
「それがさー誰も懐中電灯なんて持ってないから、
真っ暗の中何も見えなくてさ!ははは」

「俺と弟の誕生日は一緒です(突然日本語)」
「そういえば、誕生日いつなの?」
「4月29日」
「おお、日本の祝日だね」
「一日寝てられるよ、誕生日」
「いや、起きて何かせんかいな」

「じゃあ、また今度ね」
「じゃあね。気をつけてね」

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。