FC2ブログ

オープンキャンパス

オープンキャンパス

先日(といっても7月末)大学の専攻語のオープンキャンパスのお手伝いをしてきました。学部案内やら、専攻語企画で配布した案内にも留学体験談を書かせてもらっているので、どんだけ登場するねん!という感じですが(苦笑)。

オープンキャンパスでは、「スウェーデン語とデンマーク語の違いって何ですか」と聞かれたり、「北欧ってやっぱりかわいい」、「こんな金髪の子供抱きたい!」であったり、色々な声が耳に入ってきました。マスコミの北欧礼賛のおかげ・・・なんでしょうか。この辺は少し複雑なところもあります。私もデンマークに興味があって、入った語科ですから「デンマーク?え、スウェーデンちゃうの?」と言われることが減るのは嬉しいことでもあるんですが、最近の北欧礼賛は行き過ぎじゃないかと思う面もあります。

と、そんな私の考えを話すのはここではいいとして。

オープンキャンパスのお手伝いは、私と(入学年度が)1つ下の後輩Yくん、2つ下の後輩、そして残りは現在の2年生でした。退官されたS先生の元研究室で2年生たちと話をしていてビックリしたことが、「仲の良さ、ノンストップ会話、賢さ」です。先生に聞くと、ネイティブの先生もお気に入りの学年らしく、お気に入りになる理由がよく分かりました。彼らは自分たちのデンマーク語でガンガンぶつかっていく。そして、「かったる~」という雰囲気が全然ない。「授業を進めないために、Sさんの授業で何を質問するか話し合ってます!」発言には笑いましたが、質問もネイティブの授業で分からないところを質問していたんだとか(その後、先生の専門?魚の話に持っていって、彼らの思惑通り授業はあまり進まなかったらしい)。

16時からは大学生協で打ち上げしますから、とは聞いていましたが、時間設定から軽食解散かな?と思っていた私と1つ下の後輩Yくん。「先生たち今日はタクシーに乗り合わせて学校来たらしいですよ」「前日にお酒も買ってます☆」という2年生たちの言葉にビックリ。なかなか行く機会のない生協2階のカフェで打ち上げ開始です。中国のお酒やら、日本酒やら登場し、流石デンマーク語の先生たち!と感心しました。3人前のネイティブの先生も登場したり。2時間後生協を撤退して向かうは、な、なんと共同研究室(笑)

夜中に閉められた門を乗り越え、コンビニまで下った経験もありますが、共同研究室にも語劇(学祭でデンマーク語で劇をする、字幕あり)準備で遅くまでいたこともありますが、さすがにこれは初めての経験。

色々なハプニングもありましたが、かなり楽しい一日でした。

写真:オープンキャンパスも終わり、お片づけ。Uさんはデンマークカラーを意識した服でした~。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する