FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金色のもの

昨晩三男ハニーと遊んでいる時、ひょんなことから金メダルを探すことに。

ハニーの主張によると、「メグミは大人だから、どこに金メダルかあるか知ってるでしょ。見つけてきて僕にちょうだいよ」。「大人だから」という主張がイマイチ分かりませんが、家中の掃除をしてるので、だいたいのものがどこにあるかぐらいなら(多分家族より)把握してます。そこから2人で金メダル、もしくは金色のモノ探し開始です。

長男マウの部屋に金メダルがあったくらいで、他に金は見つからず。「メグミ、ほら金持ってきてよ」というハニーをじーっと見ていて気づきました。すぐそこに金があるじゃない。

「ハニー、私金色のモノ見つけたよ」
「どこに?どこ?」
「聞いて、私に怒っちゃダメだよ」
「うん。分かったからどこ?」
「ハニーの髪の毛」
「うそだぁー、金色じゃないもん」
「いやいや、金色だって」
「うそだぁー。来てよ、鏡見に行こう!」
そしてトイレの鏡の前でハニーボーゼン。
「本当だ、金色だ!」

今まで気にしていなかったのか、本当に気づいていなかったのか、自分の髪の毛の色を認識した時の嬉しそうなことといったら。周囲に色んな色の人がいるから、気づいてもよさそうなものだけど、それが当たり前だから逆に気にしないのかなぁ…。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。