FC2ブログ

Bakkenとライダー

89bf449a.jpgコペンハーゲンの北、Klampenborg(クランペンボー)にDyrehaven(デュアヘウン)という森があります。鹿がいる(そうだけど、未だにお目にかかったことがない)、ようは「奈良公園」の森バージョンとでもいいましょうか。散歩、ピクニックにはもってこいの場所で、夏には野外劇場で劇まで上演されます(去年観たけど、野外だからできる演出で、すげーと口が開いたまま塞がらず)。

かなりの広さのDyrehaven、その一角にBakken(バッケン)という名の遊園地があります。そのBakken、冬は閉園しているのですが、3月29日に今年の開園となりました。この開園日、Bakkenがただ開くだけではなく、夕方から百単位のライダー達が、「Bakkenが今年も開いたぜ、ヒャッホー(脚色あり・笑)」と走り出すのです。夕方5時頃から、海沿いのStrandvejという道を走るバイクの轟きが、私の住んでいる家まで聞こえてき、それは夜10時頃まで続きます。これは毎年のことで、「さあ、Bakkenが開いたよ。皆おいでよ」というパフォーマンスから定着したようです。また確認しますが確か、Bakken閉園日にも「Bakken今年もありがとよ」で、やはりライダー達が走り回ったと思います。

写真:去年6月、Dyrehavenにて、パパラースのお父さんオーレの誕生日兼夕食ピクニック(その後野外演劇)でのヒトコマ。長男マウとその足にしがみついて遊ぶ、三男ハニー、いとこアンドレア。倒木ありの、座るスペースもありので、土日は家族連れ、恋人同士から友達同士まで、ピクニック。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する