FC2ブログ

正倉院展

話が古くならないうちに。って、すでに十分古いんですが。

11月10日、正倉院展最終日に母と2人で出掛けてきました。久々に難波から近鉄線に乗り、電車中のおばちゃん、おじちゃんグループの元気さに、「何か、おじちゃん・おばちゃんが一番元気で、一番人生楽しそうやんね~」とそんな話をしていた私たち母娘(一体いくつですか)。
奈良4

近鉄奈良駅改札で正倉院展のチケット販売があったので、購入しようと学生証をいそいそと探してると、おばさまが「私行けないから、これ使って下さい」と招待券(非売品)を譲って下さりました。ありがとうございます~。ぼちぼち歩いて向かうは、鹿がお出迎え、奈良公園。15分の待ち時間の後、いざ正倉院展へ。・・・皆考えることは同じなのでしょう、最終日朝の人出が一番多かったようで、昼御飯時は、入館の列はあるものの、どんどん進んでました。時間の選択間違えた。

正倉院展、何が面白いってあの芸の細かいモノが見れること。得意技、空想(暇さえあればこれで何時間でもつぶせる、安上がり)な私としては、展示物から当時の宮廷生活が想像できて楽しめる。それに当時の技術力が現代に負けず劣らず(むしろ勝ってる)であることに驚いたり。大学の授業で「世界遺産が世界遺産たる理由」を聞きかじったこともあり、奈良が世界遺産の理由の一端を見ることもできました。しっかし、次見る展示品に向かう方達はどうも周囲の人が見えにくいらしく、ガンガンぶつかりました・・・。しかも、気づかれないので、ごめんなさいもなし・・・。おかしい、日本はぶつかったらすいませんって言うのが普通じゃなかったかしら?ここはデンマーク・・・??

奈良3

もみくちゃにされつつ、正倉院展を(空想で)堪能した後は、博物館外に設置されたテントスペースで奈良なのに鶴屋吉信の京風ぜんざいをいただき、散歩がてら東大寺方面へ向かいます。母が若い頃、奈良公園に来て、鹿に尻をつつかれたらしく、軽くトラウマらしいという話を初めて聞きました。私は小さい頃奈良公園で鹿を前に大泣きしていたらしく、アルバムに号泣写真が残っています。

奈良

2年ぶりに紅葉も楽しみつつ(デンマークでは一気に冬)、鹿を眺めつつの散歩です。ここの鹿って、こんなに人慣れして、まあ・・・。とある焼き芋を片手に歩いていたおばさまに鹿は首ったけ。もちろん焼き芋欲しさ。おばさま必死で追い払っていましたが、人慣れしてるんで効果無し。子鹿を見たり、縄張り争いを見たり、脇からニュッと鹿が顔出してきてびっくりしたりでした。

家から1時間ちょっと。でも、いい気分転換でした。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する