FC2ブログ

見ているのはどっち?

日曜日夜は、大学の同じ語科、同じ入学年度の子たちと飲んできました。同じ学年の子と言えれば簡単なんですが、相手も、自分もどこかで休学や留学をしたので、何と言っていいのか・・・。私にとって現在同じ学年にあたるのは、現4年生。その日集まった人の現在の状況は、2007年卒業の社会人1人、2008年卒業の社会人1人、院生1人、学部生の私という見事にバラバラです。入学は全員2003年。学部生だったときに、この4人でいつもつるんでた訳でもないんですが、今回集まって懐かしさ(私は3年ぶりに会ったコがいたので)と同時に意外な事実が出てきたりとなかなか面白い集まりでした。喋って、笑った飲み。

ここまでは余談で、その帰り道、その日色々話したことを思い返していた時にふと何かで読んだ話を思い出しました。

人間は生まれてからしばらくは死に対して背を向けて生きている。しかし、ある時から生に対して背を向けて生きるようになる。

そんな話を読んだ記憶があるのですが、それが一体何の本(小説か漫画か?それとも歌詞?)だったのか、全く思い出せず、悶々しています。出典を思い出せず紹介できないのが残念ですが。

確かに、私は生まれた時からある時点までは、死を認識することもなく、明日は明日で当たり前にあるんだと思っていて、何かをきっかけにそれは幻想なんだと気づいたなーと。死の存在をきちんと認めたのは、父方の祖父が亡くなった時だったけれども、その時は存在を知っただけで、自分にはどこか遠い話だったなぁ。自分にも必ずある「死」について認めた今、自分は今どっちに背を向けて進んでるのかな、と帰宅途中考えていました。

・・・どちらか向いてるようで足下しか見てない、ということもあり得るか。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する