FC2ブログ

イチ、ニ、サン!

hanni 10

三男ハニーの機嫌が何らかの拍子で悪くなり、更に当の本人もどうして自分がこんなに機嫌が悪いのか分からず、もっとイライラ!という場面で日本語を教えると、機嫌が良くなるという法則を発見して以来、機嫌が悪い時に日本語をこっそり教えていまいした。機嫌の悪い本人も新しいものがでてきて、機嫌のことなんてすっかり忘れて楽しそうに覚えてくれるし、16分の1日本人の血が入ってるし、少しでも日本語をずっと覚えていてくれたら、私のことも覚えててくれるかなぁという期待も込めて。

手始めに教えたのが数字のイチからジュウまででした。今では一人で「イチ、ニ、サン、シ、ゴ、ロク、シチ、ハチ、キュ、ジュ!」と猛スピードで言える程。私がイチというとハニーがニと答え、私がサンと返し、ハニーがシとさらに答える(以下略)ということもできるように。ただ気分転換の遊び道具として教え始めただけで、別に役立つようにと思ってた訳でもなかったのですが、役立つ日がこの間きました。

実は空手に通い始めたハニー。道場では数字を日本語で数えるらしく(!)、5歳ぐらいの男の子が「イチ、ニ、サン!」と1人でサンまで数えられただけで、他の子は1人では数えられなかったそうです。道場の中で1人だけ初参加だったハニーですが、彼はイチからジュウまできちんと1人で数えたんだとか。えらいぞ、ハニー!初日の空手から帰宅後、パパラースがいつにない勢いで、帰ってくるなり「メグミ!?」と呼ぶので、「何だ何だ」と地下から顔を出すと、その報告でした。

そんなこんなで、パパラースも空手の送り迎えをしている関係で、ゴぐらいまでは言えるように。最近はジュウ以降にトライし始めたようです、ラースとハニー。昨日キッチンで洗い物をしていたら、居間から「11って何て言うの~?」「12は~?」と叫ばれたので、ジュウイチ、ジュウニ!と叫び返しました。

ハニーの日本語辞書
●1から10まで
●いたいいたいのとんでいけ(私がハニーに言うため)
●あか(覚えたてホヤホヤ)
●あお(これも覚えたて)
●ヨッコイショ(ハニーを抱き上げて私が口走るため)
●こんにちは(4分の1日本人のおばあちゃんから)
●童謡「ゆき」(ゆきやこんこ~♪)(私が一緒に歌っている時限定)
 去年の年末から今年3月頃まで幼稚園の帰り道、歩きながら2人で歌ってたので。

次は一体どんな単語を覚えるのか、一人楽しみです。

写真:10月3日私の誕生日に。ハニーと家の庭で遊んだ時の一枚。「何か面白いものあった~?」「ん~」そんな感じで、遊んでます。

Comment

いいねぇ。かわいいねぇ。
私も何か教えてみようかな~。
今度パパの誕生日に日本語の本をプレゼントするので(パパは自称言語に強い!んだそうで。)、家族みんなが影響されると良いな。

ゆりちゃん
自称言語に強いんだ。それはアジア言語でも発揮されるのか、楽しみだね。擬音語とか面白いかもしれないね。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する