FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビザ、下りたけれど

オペアとしてのビザが12月22日まで下りました。2006年6月23日にオペアとしての最初のビザをもらっているので、きっちり1年半のビザということになります。

現時点でデンマークオペアの期間に関しては、「オペアは基本的に合計1年半。家族に特別な事情がある場合のみ、合計2年可」となっていますが、この『特別な事情』というのは、移民局曰く「家族にハンディキャップも持つ子供がいて、どうしても助けがいるというようなケース」だそうです。

しかし、私としては大学に復学する来年4月ギリギリまでデンマークに居たい。家族としては、できることなら2年、大学があるのであれば、大学開始まで居てほしいとのこと。加えて、12月22日までに帰国しろというのはあり得ない!というママペニーラ。というのも、デンマークではクリスマスは家族一大イベント。皆が皆、クリスマスをウキウキしながら待っているなか、帰国なんて!です。パパラースは「メグミのこのデン語レベルを考慮してなんとかならないのか。異議を移民局の上に申し立てようか」と。以前何かの仕事の問題に関して、法律を勉強していたというパパラースの相方ニルスが、移民局の対応に満足いかず、上に(大臣に)申し立てを行なったことがあるそうで、ラースとしても「本当に移民局は!」のようです。

そこで、ママペニーラが移民局に電話で、「オペアのメグミのことなんだけれど、1年の延長申請をしたけれど、半年の12月22日でビザが切れてしまうの。彼女がいなければ、家族が上手く機能しないし、クリスマスの前に帰国なんて酷すぎると思うの。何か方法はないのかしら?既に合計1年半のビザが下りてしまった後に、異議申し立てをした場合、デンマーク国内に滞在できないと手紙には書いているし・・・。彼女が滞在できるのは大学に復学する数ヶ月間だけなの。」と問い合わせてくれました。

移民局からの返事は、

「ビザの延長申請というものは、ビザが失効する早くて2ヶ月前、遅くて1ヶ月前にしなければいけませんが、もう一度、『特別な事情』を理由に延長申請をすることが可能です。申請を2ヶ月前に行うのではなく、ギリギリ1ヶ月前に申請すれば、クリスマスまでに判断が下されることはないし、延長申請の返事待ちであれば、デンマークに滞在することも可能です。」

というもの。今回延長申請をしてから、ビザを手にするまで約半年(しかも最初4ヶ月はおそらく担当は決まっていただろうけど、審査段階になかった)、という彼らの仕事っぷりを計算した上での、滞在先延ばし作戦を当の移民局側から提案されるとは思ってもみなかったので、ママペニーラと「妙な提案するもんね~移民局」と話していました。

そして、昨晩キッチンでパパラースから告げられた衝撃の事実。

「クリスマス、イタリア(の別荘)で過ごそうって言ってるんだけど、メグミのチケットも買ってるからね。12月20日発、1月1日帰国だから。」

今まで「一緒に行く?」と休暇に関しては事前確認があったのですが、今回は購入後報告。

ということで、年始までは少なくともヨーロッパにいそうです。まだ移民局に足を運ばねばならんと思うと、凹みますけれど。前回の記事でかなり家族に切れていた私ですが、ビザの件や休暇の件、別に聞いた今後の構想に私も一緒に加わってもいいと言ってくれる彼ら、頻繁に「こんにゃろー」と心の中で思っていたりもしますが、やっぱり大好きな家族だなと思うのでした。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。