FC2ブログ

最後の日

himmel.jpg


デンマーク最後の日、3月11日の話。
朝方まで部屋を片付け、9時半にママペニーラが空港まで送ってくれることになっていました。三男ハニーを空港へ向かう途中、幼稚園でおろしていくとのこと。ママペニーラが幼稚園の駐車場で「私が中まで送る?それともメグミ?」とハニーに聞くと、「うーん。お母さん!あ、やっぱりメグミ」との返事。一緒に建物の中に入った瞬間、同じ部屋の子が建物内を駆け回っています。そこにハニーも合流。え、わ、私は!?今日帰るんだけど!?と取り残される(苦笑)。冷蔵庫にハニーの弁当箱を入れ、ハニーに「私行くよ」と言うも、うんともすんとも返事なし。ハグすらなしです・・・。そのことを車に戻ってペニーラに言うと、「きちんと理解してないかもね。帰ってから分かるわよ」。もしくは、彼なりに泣かないためだったのかな?

道中、ナビの妙な道案内に「おかしい!絶対右よね!ここ!」と2人であわあわしつつ(ペニーラ方向音痴)、パパラースの弟から偶然にもペニーラに電話があり、「また夏にね」と挨拶を泣きそうになるのをこらえながら、言い切りました。空港そばでパパラースからペニーラの携帯に仕事関係のことで電話があり、その後私の携帯に直接連絡がありました。彼は前の週からイタリアに行っており、イタリアに行く前にしっかりハグをして別れはしたのですが、やっぱり電話越しで喋りながら泣きそうに。泣くのを押さえながら、無事に空港へ到着。第2ターミナルのカフェでは、お友達として1年半頻繁に飲みにおじゃまし、将来のことや恋愛のことなど相談したkanaheiさんがお見送りに来てくれていました。空港内の銀行へ私のラストの給料を引き出しに行ったペニーラを、私はチェックインカウンターの列に並んで待っていました。お金をもらって、ハグをして、その時まで泣くのをこらえてこらえていたのですが、我慢できずに泣いて。

ペニーラと別れ、チェックインした後、カフェでkanaheiさんと最後のビールで乾杯。カフェで彼女が私を待っている時、銀行から私のところへ歩くペニーラを目にし、そして帰る途中のペニーラは泣くのをこらえて鼻を赤くして、上向き加減で歩いていたよと聞き、再び泣きそうに・・・。kanaheiさんと2人で話す時、普段はのんびりと話すのですが、今回はすごいスピードで話まくりました。じゃなきゃ、しんみりしてしまうから。

出発の前の週に開いた夕食会。そこに足を運んでくれた、家族の家族や友人たち。そして、私がデンマークで知り合った日本人の友達たち。夕食会には呼べなかったけれど、人と人が繋がって、色んな人に出会えたことは本当に嬉しい、貴重な経験でした。日本にいたら絶対知り合いになれなかった様な人たち。最後に飲みたかった、会いたかった人は沢山いたのですが、残念ながらできなかった人も多く・・・。しかし!大学生の間に少なくとも1回はデンマークに行くので、行くときは皆さん飲みましょう!遊びましょう!

2年デンマークにいて良かったと思えるのは、デンマークのいい面悪い面両方を、家庭の中で生活していくことで知れたこと。「デンマークって素敵!」と簡単に褒めちぎることはできません。「それはどうなん?」という面を知ってしまっているから。そう思うこともありつつ、出会った人たちに恵まれたから、やはりどうにかしてでも戻りたいと思う場所でもあります。次にデンマークに住む予定があるかと問われれば、「これから4年は少なくともありえません」とはっきり答えます。次デンマークに住むチャンスがあるとすれば、「社会能力」を身につけた上で、「私」が通用する状態になってから、そのチャンスを使うでしょう。(デンマークに住む前に英語圏に1年、中南米長期旅行もしたい)

3月11日は「最後の日」ではあったけれど、最後の日ではないと思っています。「次の日」へ向けての日。成長するための日。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する