FC2ブログ

正倉院展

話が古くならないうちに。って、すでに十分古いんですが。

11月10日、正倉院展最終日に母と2人で出掛けてきました。久々に難波から近鉄線に乗り、電車中のおばちゃん、おじちゃんグループの元気さに、「何か、おじちゃん・おばちゃんが一番元気で、一番人生楽しそうやんね~」とそんな話をしていた私たち母娘(一体いくつですか)。
奈良4

近鉄奈良駅改札で正倉院展のチケット販売があったので、購入しようと学生証をいそいそと探してると、おばさまが「私行けないから、これ使って下さい」と招待券(非売品)を譲って下さりました。ありがとうございます~。ぼちぼち歩いて向かうは、鹿がお出迎え、奈良公園。15分の待ち時間の後、いざ正倉院展へ。・・・皆考えることは同じなのでしょう、最終日朝の人出が一番多かったようで、昼御飯時は、入館の列はあるものの、どんどん進んでました。時間の選択間違えた。

正倉院展、何が面白いってあの芸の細かいモノが見れること。得意技、空想(暇さえあればこれで何時間でもつぶせる、安上がり)な私としては、展示物から当時の宮廷生活が想像できて楽しめる。それに当時の技術力が現代に負けず劣らず(むしろ勝ってる)であることに驚いたり。大学の授業で「世界遺産が世界遺産たる理由」を聞きかじったこともあり、奈良が世界遺産の理由の一端を見ることもできました。しっかし、次見る展示品に向かう方達はどうも周囲の人が見えにくいらしく、ガンガンぶつかりました・・・。しかも、気づかれないので、ごめんなさいもなし・・・。おかしい、日本はぶつかったらすいませんって言うのが普通じゃなかったかしら?ここはデンマーク・・・??

奈良3

もみくちゃにされつつ、正倉院展を(空想で)堪能した後は、博物館外に設置されたテントスペースで奈良なのに鶴屋吉信の京風ぜんざいをいただき、散歩がてら東大寺方面へ向かいます。母が若い頃、奈良公園に来て、鹿に尻をつつかれたらしく、軽くトラウマらしいという話を初めて聞きました。私は小さい頃奈良公園で鹿を前に大泣きしていたらしく、アルバムに号泣写真が残っています。

奈良

2年ぶりに紅葉も楽しみつつ(デンマークでは一気に冬)、鹿を眺めつつの散歩です。ここの鹿って、こんなに人慣れして、まあ・・・。とある焼き芋を片手に歩いていたおばさまに鹿は首ったけ。もちろん焼き芋欲しさ。おばさま必死で追い払っていましたが、人慣れしてるんで効果無し。子鹿を見たり、縄張り争いを見たり、脇からニュッと鹿が顔出してきてびっくりしたりでした。

家から1時間ちょっと。でも、いい気分転換でした。

ぬくかとですか

猫
「何か文句でも?」

母と買い物に行く直前、ふと駐車場裏の猫の額ほどの家の庭に目をやると、でっかい固まりが。近づいてみると、丸々した猫がおりました。猫は枯れ草の上でぬくぬくしているようで。

裏の人か誰か野良猫に餌をやっているらしく、家周辺にいる野良猫すべて丸々太ってます。白と黒の2匹は今まで家のポスト上に乗ってたり、玄関前に座り込んでたりと確認してたんですが、コイツを近くで見るのは初めて。

最初は丸まって寝てたコイツ、母と「コイツ太り過ぎやろ」と話していたら目が覚めたらしく、「文句ある?」と言わんばかりにこっち向かれました。

コイツに文句があるとしたら、夜中に縄張り争いでぎゃーぎゃー騒ぐのやめろ、ですよ、全く。家の庭の草をむしって綺麗にすると猫がトイレに来るで、最近は草をはやしっぱなしの我が家でした。

パソコンの向こうの彼ら

バイトから帰宅して、音楽をかけるためにパソコンを立ち上げ、メッセンジャーとスカイプにログイン。するとデンマークのオペアママ・ペニーラからスカイプの着信がいいタイミングできました。夏に"スカイプ使ってるの?じゃあ、時々喋れるね~"とお互い登録したものの、時差やら私がサインインしていても音楽かけっぱなしでパソコンの前におらず、勉強してるため、ほとんど退席中(メッセンジャーも同じ状態)。

デンマークが日曜朝、日本が夕方の今日丁度タイミングがあいました。で、少しだけビデオチャット。何だか顔を見て、デンマークにいるペニーラと三男ハニーと喋るのは不思議な感覚であり、またパソコン様々とパソコンやネットに感謝しました。だって、お金かかってないし!電話と違って顔も見れるし(MacBookにカメラ内蔵でなかったら、自分では絶対カメラ買ってなかったです・・・)!ペニーラにカナダに留学した次男ユラのことを尋ねると、おそらくホームシックになりつつも(ハニー曰く、彼はホームシックだけど、口には出さないだけだ!)、一緒につるむ友達もでき、それなりに楽しくしているそうです。何だかペニーラにはいっぱい話したいことや訊きたいことがあったんだけど、嬉しさのあまり忘れました(苦笑)

明日は、遅くなったけど、三男ハニーへ誕生日プレゼントを発送しにいかなきゃ。待ってろ私の心の恋人ハニー!

秋色

aalborg.jpg再び日中25度前後の日が続いていますが、ふとした時に「秋やな~」と思います。

その一番が、金木犀の匂い。ふとあの甘い匂いが鼻先をかすめると、何だかほっとする。無邪気で一生懸命だった小学生の時を思い出し、今の自分がどこかで打算的で、一生懸命になりきれてなくて、ちょっとしたことで人を疑って、泣きたくなったりする自分を反省。でも、昔ほどの頑固さがなくなったことは、成長のはず。無くしたものもあり、だからこそ成長した部分もあることは否定できませんが、無くしたくないものもやっぱりあります。

話を戻して他には、月がとても綺麗に見える涼しい夜。栗やさつまいものお菓子が店先に並び始めた時。アイスを食べたいと思わなくなった時。渋い色に心惹かれるようになった時。自転車でどこかに逃げたくなった時。お酒がカクテルからお湯割りが欲しくなった時。ブーツで歩く足音が聞こえる時。オリオン座がキレイに見え始めると、冬が近づく。

そんな秋色につられて、断髪!先日美容院で30センチほどばっさりと切り落としてもらい、前髪も重めに作り、パーマもあて直し、何だかクラシックな頭になりました。この秋クラシックも流行だし丁度いいか(髪型に服を合わせられるか若干不安)。

一言でいうなら、「おかっぱパーマ」な髪型なので、これから待ち合わせをする方、おかっぱパーマな私を見つけて下さい(笑)

魔王と爺さんモノに妖怪

この間読んだ本&漫画メモ。

魔王 (講談社文庫 い 111-2)魔王 (講談社文庫 い 111-2)
(2008/09/12)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

フィクションだけれども、フィクションじゃない現実感。考えることも大切だけれども、自分の毎日を中心にモノゴトは回ってる、そう再認識させられました。そして、集団と個人、その中で私ならどうしていきたいか、抽象的ですが、「こうありたい自分」を考えるいい機会を与えてくれた本。(そして、伊坂ワールド。千葉さんの登場で、別の小説を読み直したくなったのは言うまでもありません。)

拝み屋横丁顛末記 10 (10) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)拝み屋横丁顛末記 10 (10) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
(2008/07/25)
宮本 福助

商品詳細を見る

上述の『魔王』と同時に購入した漫画。1から5巻までは日本に居た時に買ってたのですが、デンマークに居る間に10巻まで出版されてまして・・・。元バイト先本屋に最新刊の10巻だけあったので、お買い上げ。残り6から9巻は、顔見知りの社員さん(現店長)に「6-9まで注文して、棚に差してて下さい。こそこそ買いにくるんで」と注文も付けたのでそのうち入荷するでしょう。と、思いきや、6巻まで購入済みだったことが、今判明・・・。ゴメン、社員さん。

ストーリーは1話読み切り、拝み屋が集まる横町住人(爺さん率高し)たちのドタバタコメディ。ほんわか~ってさせられるところもありーの、プププと笑えるところありーの、大好きな漫画です。(しかし、分類が某サイトでマニアだったと知った時はこの漫画知ってる友達と笑った!マニアなんだ・・・と)

夏目友人帳 (2) (花とゆめCOMICS (2969))夏目友人帳 (2) (花とゆめCOMICS (2969))
(2006/08/05)
緑川 ゆき

商品詳細を見る

さて、3冊購入したうちの最後の1冊。『夏目友人帳』。妖怪たちが普通のモノと変わらずに目に見えてしまう、夏目少年の話。こう書くと、「鬼太郎の世界!?」と思われそうですが、そんなことは全くなく、人とか心だとかそう言うものを扱っています。緑川ゆきのコミックは全部読んできましたが、彼女独特な世界はクセになります。

本屋バイト時代から、購入する本の冊数はがくんと減少しましたが、本を読んでいる時間が一番幸せです。